KEIKO   

クラシックギター

高知在住 2002年秋、始めてクラシックギターに出会う。

ギターを始めるまで音楽歴はゼロの初心者でした

ジュリアン・ブリームが作り出す音楽がこよなく好きです♪

また、女性ギタリストではイダ・プレスティが大・大・大好きです(神様)

思い描く音のラインと自分が出せる目いっぱいの技術のハザマでジレンマ中

 

 

息子達です

私のギター好きと音楽好きは徐々に子供に伝染しはじめました(^^)

いつかは一緒にアンサンブル。夢です。

子供が楽器を触ることは、メリットがたくさん。

私がよくCDをかけているので、クラシック音楽にまったく抵抗がなくなりました。普通のアニメ音楽同様、モーツアルト、ベートーベンなどを口ずさむ時もあります。CMにたくさんクラシックが使われていることに気づきはじめます。「クラシックって特別じゃない」と思っています。(^^) それと、根気と集中力がつきます。特に次男坊はセッカチな上、じっとするのが苦手、また人の話も聞かない、お勉強にもさしさわりがありました。クラシックギターは左手を押さえるだけでも、痛かったり、難しかったりします。それに右手が加わって、楽譜がある。習い始めは1分でパニックに。先生に向かって怒ったり、わめいたり(^^;) でも難しいだけに課題が少しずつ曲としてつながっていくと達成感が大きいです。「やればできる」「もうだめだ…から少し頑張ったら出来る」 だんだんと感覚的に学んでいます。プロになるわけでは無くても、面倒で退屈な基礎をしっかり学ぶということは別の形で役にたってくると思います。「特技」と聞かれてすぐ答えられる。ということだけでもすばらしいです。

「次男」 ギターやってます

小学生なので大人のギターが大きく見えます。「1日10分以上は練習しようね・・」と言われてキッチリ10分しかしません(^^;) 「10分以上…ということはそれより多くしてもいいんだよ」と説明しますが、しっかり時計で計って「おしまい」と・・・片付けます。それでも1週間の課題をこなしているからやっぱり子供ってすごいですね。私なんか必死に毎日練習してやっと追いついてる感じなのに。特別な才能なんて望みませんが、ギターを通して楽しい事も、恥ずかしいこともいっぱい経験して欲しいです。それにはもうちょっと自分から求めて欲しいかな。せめて30分

今は中学生になって大きくなりました

成長してレッスンも長い時間集中できるようになりました。小学6年生の時学生コンクール(GLC)1次予選に通り東京まで行って来ました(2次は落選)

●2006/3/29 12:10〜12:25 高知シティFM 生放送演 生演奏頑張りました(タンゴV)

●2007/5/24 卒園したお幼稚園(母園)で演奏しました

●2008/11/23 高知県器楽コンクール ギター独奏部門 初出場にて最優秀賞受賞 NEW

 

「長男」 遅れてリコーダーを始めました。親子、兄弟でも魅かれる音色が違うようで、この子はリコーダーが大好きです。残念ながら良い先生にはめぐり合えず、自宅で吹いてます。天高く澄んだ青空から聞こえてくるようなリコーダーの音色。私も好きです。練習はすごく熱心。「その辺でやめたら…」と心配する時もあります。真面目でがんばり屋さんです。精神的に細いので、人前で自己表現が下手です。楽器ができることは、きっと何かの役にたつと思います(^^) バロック式にもちかえたばかりですが、その日にもう使えてました。やっぱり子供は体で覚えるのが早いですね。うらやましいです。

今は音楽はちょっとお休みしてます。

スポーツで頑張ってます 2007年5月四国大会優勝

メール送信フォームについて

あまりにも大量のスパムメールに困っております

メール下さいね(^_-) ←クリック

 

TOPへ